Web人賞

中井 圭

NECビッグローブ株式会社 メディアサービス事業部サービスクリエイトグループ/WEBプロデューサー

Wishry
生シネスク


受賞理由

「Wishry」(みんなの興味をシェアする未来チェックインサービス)や、「生シネスク」(ツイッタラクティブ映画トーク番組)など、企業に属しながら、枠を超えた活動を継続して積極的に展開。常に新しい技術とエンタテインメントの融合を目指す姿にWeb人として評価に値する。

受賞者コメント

Q.受賞後の今のお気持ちは?

A.うれしいです。クリエイティビティは客観性をもって評価することが難しいですが、今回、Webクリエーション・アウォード受賞というわかりやすい形になったことで、今後さらに面白いことを実現していくきっかけになるのではないかと思い、ありがたく思っています。

Q.一緒に活動したスタッフの方々や、ご家族の方に一言お願いします。

A.この時代、個人の力だけではどうにかできるものではなく、自分がやっている「生シネスク」という番組、「Wishry」というサービスも、視聴者や利用者の皆様のご意見を随時取り入れて創っています。今回は、代表として自分が受賞しましたが、制作者、利用者を含めてかかわる全員で獲った賞だと思います。スタッフ、家族、そしてサービスをご利用いただいている皆様に感謝しています。

Q.中井様の今後の活動についてお教えください。

A. 「Wishry」と「生シネスク」は今後も継続していきます。直近では、WOWWOWとのコラボも新しい展開があります。今は特に映画とWEBというカテゴリで動いていますし、今後も大切にしていきたいですが、ジャンルにとらわれず、何か新しくて面白いと思えることは、枠を飛び越えて、どんどんやっていきたいと思っています。

PAGE TOP